2020.02.03

プレスリリース

DIC株式会社、コーポレートサイトを全面リニューアル。グループ10社15サイトの共通基盤にクラウド型CMS「Connecty CMS on Demand」を採用

株式会社コネクティ(本社:東京都港区、代表取締役 服部 恭之、以下コネクティ)は、このたび印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンドで世界トップシェアのグローバル化学メーカDIC株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 猪野 薫、以下DIC https://www.dic-global.com <旧社名:大日本インキ化学工業>)のコーポレートサイトの全面リニューアルを担当し、グループ10社15サイトでのWeb共通基盤として弊社エンタプライズ向けクラウド型CMS(コンテンツマネジメントシステム)「Connecty CMS on Demand(以下CMSoD)」を導入したことをお知らせいたします。

 これまでDICでは、Webサイトの運用基盤に海外製品のオンプレミス型のCMSを利用していましたが、サイトリニューアルに伴う新しいCMS基盤の検討を行うにあたり、会社内の各部署やグループならびにグローバル全体での導入と運用がスピーディーなクラウド型のCMSに着目。従来静的に運用されていた製品情報のデータベース化も簡単に実現可能な「CMSoD」が採用されました。

コネクティではさらにWebサイトリニューアルの戦略・実行のパートナーとしても支援。国内ならびにグローバルのコーポレートサイトをリニューアルし、2020年1月30日(木)に公開。リニューアルにあたり、Webサイトのグループ・グローバルでのガバナンス強化と、サイト運用の効率化を実現いたしました。

「CMSoD」は複数サイトの共通管理機能が搭載された、グループやグローバル全体で共通利用可能な大企業向けクラウド型CMS。企業がグループやグローバル全体でのWebガバナンスやDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していくための基盤として、今後もグローバルで事業を展開する日本企業へのサービス提供を加速していきます。

日本の上場企業や大手企業が利用するためのWebガバナンス基準に即した、本格的CMS。
競合の海外製品と比較し、国内事情に合わせた機能提供と、開発元が近くにいるという国産製品ならではの利便性と安心感が評価され、多くの国内大手企業への利用が進んでいます。

「CMSoD」はクラウドプラットフォームで利用できるため、導入企業様はミドルウェアを含めたプラットフォームの構築、運用なしで導入する事が可能。面倒なインフラ構築や保守の手間から解放されます。
③無償バージョンアップ
標準機能の設定変更で導入いただくことが可能なシステムとなっており、バージョンアップした機能はどのお客様でも利用できるシステムとなっております。

標準機能の設定変更で導入いただくことが可能なシステムとなっており、バージョンアップした機能はどのお客様でも利用できるシステムとなっております。

「CMSoD」は複数サイトの管理機能が提供され、企業内の複数のサイト管理や、多言語対応などグループ・グローバルでの共通利用に適しています。

お問い合わせ CONTACT

資料請求、CMSデモ依頼等各種
お問い合わせはこちらから